FC2ブログ













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コイル移動ブラケット。 

微妙なMK-2仕様で進めているグレイ君。

エンジンルームが出来上がっていたのですがどうしても
コイルの位置を変えたくなってしまったのでブラケット作りました。

会社にあったアングル材です。(鉄)

急に思い立ったので寸法は大体で始めます。

ボール盤で穴開けて切ってサンダーで削って出来上がり。
1392198317536.jpg
難しい機械は一切使わずにやっつけ感満載の出来・・w

適当に作ったので修正必要だと思っていましたがピッタリ!
1392206690363.jpg
黒く色を塗って取り付けます。(オルタの中側に取り付けました。)

コイルを取り付けて配線を取り付ければ完成。
20140301_203956.jpg
オルタを止めているナットが普通のナットだったのでナイロンロックに変更しました。
作業性は悪くなるけど緩まない方がいいと思ってます。

元々コイルの付いていた位置にはソレノイドスイッチを。
20140301_204005.jpg
壊れてしまった物をダミーとして貰い受けました。
配線も適当に繋ぎましょうかねー。

こんな感じになりました。
20140301_204032.jpg
MK-2仕様らしくなってきましたかねー?
外観は綺麗にやってあってもエンジンルームは現行のままなんて車両も多いですが
やっぱりエンジンルームも無理の無い範囲で演出したいなーと思います。
配線がかなり減ったり無駄な部分を切りそろえてあったりするので作業中にみえますが
これでほぼ完成です。後はホーン付けるくらいですかね。
このくらいのブラケットは意外と簡単に作れるのでチャレンジしてみるのも楽しいかなと思います。


おしまい

テーマ→英国旧車に魅せられて / ジャンル→車・バイク
[ 2014/03/01 22:28 ] ミニ買いました | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://donington.blog58.fc2.com/tb.php/432-5714b48d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。